« OG800Xa交換後にNGN折り返し通信が一方通行になる問題解決 | トップページ

2015年8月14日 (金)

Windows10 でRealVNC動作OK

Windows10の無償アップグレードはじまりましたね

公園パパのところではすべてのPCでアップグレード予約をしてありますが今のところすぐにアップグレードできる表示がされたのはcore-i3の2GBメモリーの32bit版WIN7のDELLのノートのみです。ほとんどジャンク同様だった最低スペックのこのノートにWindows10を導入してみました。

アップグレードは約4時間で何も触れることなく終わります。Windows7に戻したい方は一ヶ月以内であれば 設定->更新とセキュリティー->回復 にWindows7に戻すという項目があります。

動作はとてもサクサク。低スペックの32bitのWindows7ではWindows10にアップグレードお勧めです。よみがえったようにサクサク速くなります。

さていきなりRealVNCでの遠隔操作を設定するところが公園パパの流儀です。このブログを記載している時点で公式にはRealVNCの動作はサポートされていませんが強行突入しますww

あえてEdgeを使ってRealVNCの最新バージョンをダウンロード。問題なくダウンロードフォルダにダウンロードされたrealvncのインストーラーをいきなりダブルクリックしましたがインストールできません。やはりだめか・・・ふとrealvncのインストーラーをシングルクリックしてみると画面に管理->互換性のトラブルシューティングがあるのでそこからトライしてみました

Vnc0

下記の画面になるので推奨設定を使用するをクリック

(もし推奨設定でダメな場合「問題のトラブルシューティング」で強行突破できるのかは推奨設定でうまくいってしまったのでわかりません)

Vnc1


次に表示されたプログラムテストのボタンを押すとあっさりRealVNCのインストーラーが起動します

Vnc2


別記事に書いたようにRealVNCのインストール作業を終わらせてから「次へ」をクリックし表示される「設定を保存する」を押してインストール終了です。これですべてのパソコンからWindows10をVNCで利用できるようになりました。

さまざまなハードやソフトの互換性の質問が公園パパのところに山のように寄せられていますがこれで安心して検証作業ができます。第一印象ではWindows8.1の見てくれだけ変えただけのように思えます。8.1で動作しているものはたぶん問題ないのではと思っています。

« OG800Xa交換後にNGN折り返し通信が一方通行になる問題解決 | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事