« ベイマックスで泣きまくった一日 | トップページ | OG800Xa交換後にNGN折り返し通信が一方通行になる問題解決 »

2015年4月11日 (土)

目に余る光コラボレーションモデルのひどすぎる商法

NTT卸の光コラボレーションモデルが発表になって「お得」を連発しているCM、DMや電話勧誘にうんざりする毎日です。公園パパのところには当然ながら「お得なの?」と質問が多数寄せられています。下記の画像は大手プロバイダーから送付されたDMです。STEP1で料金シミュレーションできるというので早速やってみたのがDMの下の表です。

Asahi


私の利用回線はwithフレッツのハイパーファミリータイプの戸建てです。

現在の税別の月額支払いは

\5200円 - 二年割\700円 - フレッツメンバークラブポイント割\300円 + asahi-net\780円 = \4980円

です。おお\300円もお得だ!!ところがあと3年このまま契約を変えずにいるとフレッツメンバークラブポイント割が\500円にアップ

\5200円 - 二年割\700円 - フレッツメンバークラブポイント割\500円 + asahi-net\780円 = \4780円

シミュレーションの3年目は\4980円と\200円も高くなり、4年目以降も\100円も高くなります。その後ずっとコラボモデルに契約変更したほうが100円高です。

ちなみによく問い合わせのあるドコモ光の場合、小容量のパケットパックSの契約のよくあるケースの場合携帯とセットにした場合の割引は全くなくドコモ光は月額\5200円となり。現在我が家を乗り換えたとすると\220円高。3年後は\420円高まで膨れ上がる計算になります。

高くなるのに「お得」を連発するこの手のDMなどには要注意。わざとわかりにくい表記で契約を誘おうとしてます。ましては電話勧誘だとこちらに考える余地を与えずまくしたてられるのでとにかく即答しない事です。

« ベイマックスで泣きまくった一日 | トップページ | OG800Xa交換後にNGN折り返し通信が一方通行になる問題解決 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事