« 春休みの子供映画 | トップページ | NTT局舎至近距離のADSL »

2014年5月17日 (土)

私にとっては宝の持ち腐れのウィルコムの通話定額

ウィルコムが衝撃的な価格(月2900円!)で通話定額(しゃべり放題の携帯!!)を開始しました。すごいサービスだと思い早速契約しようと考え始めて気づきました。 話す相手がいません 家族内でどうかとも思いました。でも子供も妻とも通話時間は短くドコモの最安プランのプランBで無料通話があまって困るくらいなのでほとんど既に定額状態(^^;に近い状況です。 アマチュア無線感覚で昔の無線仲間と長話ということも考えてみました。しかし、残念ながら私の無線仲間はITにおいては極めてさびしい状況でADSLなどのブロードバンドもひいていない人間が多く、以前メッセンジャーなどのボイスチャットに誘おうと努力しましたが誰も興味を持ってくれない有様。ここでウィルコムの通話定額の話をしても「また公園パパが変わったものを持ち出して無線ごっこしようって言っているぜ」程度のレスポンスしか期待できないので誘うだけおそらく無駄でしょう。 でもやっと運送業の皆様や地元の自称名士などにとやかく言われずに好きなだけ、しかもどこにいてもしゃべり放題の無線ごっこができる手段ができたのに惜しい限りです。アマチュア無線の衰退の原因はITの普及ではなくてアマチュア無線家そのものがコミュニケーションをすることを拒否してしまっているからかもしれません。偏屈なお方がたくさんはびこるようになってコミュニケーションすること自体に無線マニアが拒否反応を示しているように思えてなりません。 それでも我が子が大きくなったら是非定額のウィルコムの端末を持たせようと思っています。私が中学高校時代に夜な夜な味わった楽しい無線での友達との声でのおしゃべりによるコミュニケーション。しかも友達が遠くに離れてしまってもずっとコミュニケーションができるのです。素晴らしいものが登場したと思います。ウィルコムには我が子が大きくなるまで是非このサービスを継続していて欲しいです。そのころには中高生の携帯の定番がウィルコムになっていることを祈りつつ今後の発展を見守りたい気分です。またアマチュア無線の免許をとろうと考えている方をみつけたら、ウィルコムを薦めることで影ながら通話定額を応援したいと思っています。いずれにしても アマチュア無線は終わってます!

« 春休みの子供映画 | トップページ | NTT局舎至近距離のADSL »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事