« FOMA乗り換えの試算 | トップページ | タイプLLとファミ割ワイド »

2014年5月17日 (土)

P903iTV

FOMAに乗り換えるべく検討を始めた公園パパですが、903iの発表間近と言うことで首を長くして発表を待っていましたが、やっと本日発表がありました。

902is以前はBluetooth搭載端末がPのみでさびしい状況であったので903iではMNPがらみでSoftBankに対抗して全機種Bluetooth標準装備を期待したのですが、結果は(´・ω・`)ショボーン。Pだけでした。しかしウィルコムとは違いさすが天下のドコモだけあってP903iは合計3機種でるためBluetooth対応機種は3つの中から選ぶことができます。

まずP903i・・・Bluetooth以外、何の特徴もない端末です。結構周囲の人々も持っているしモバイルオタの公園パパとしてはちょっと物足りないかな、という感じで残りのP903iTVとP903iXにどうしても興味が行ってしまいます。ワンセグ搭載のiTVと3Mbpsを超える通信速度のiX、ウィルコムで京ぽんの発表に一喜一憂していたのが今昔の感がありますね。でも、ハイスピード対応でワンセグ搭載と言う端末がないのがちょっと残念。どちらにするか大変悩みます。

PC接続インターネットをしたい公園パパとしては自宅のADSLと同様の速度のiXに興味深々だったのですが、FOMAのハイスピードのエリアマップを検討してみると公園パパの行動エリアは過疎地なので来年末までにエリア内となるかも微妙な感じで、1年以上も先であればワンセグ、ハイスピード全部入りの端末も出るだろうとの予想の元にiXは断念。ワンセグ搭載のiTVにすることにしました。

ワンセグといっても山梨はNHKとTBS系列とNTV系列の3系列の番組しか見ることが出来ないのでちょっとさびしいのですがP903iTVはAV出力もついているようなので、お子守り用ミニバンのカーナビに付けてワンセグチューナーとして使うことも出来て魅力的です。

それにしてもP903iTV、いつ発売かまだ発表されていません。3月までって半年も待つのかよーという感じです。JATEの更新を待ちながら京ぽんのときのようにキターとショボンをくりかえすのでしょうか・・・ドコモの端末のラインアップは問題ないと思い込んでいた公園パパとしては、ちょっとずっこけた感じです。

« FOMA乗り換えの試算 | トップページ | タイプLLとファミ割ワイド »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事