« P903iTV、P903iX JATE通過 | トップページ | ついにFOMAでPC定額 »

2014年5月17日 (土)

初FOMA購入

P903iTVが2月下旬、P903iX High Speedが4月発売にほぼ決まったようですね。あまりに遅すぎる展開に唖然とした公園パパは1月発売を想定してためていたプランLLの無料通話を使うべく初FOMAのP903iを購入しました。

FOMAにするかどうか迷い始めてはや3年、新機種の販売の遅れもあったりで新しい物好きの公園パパにしては随分奥手な初FOMAとなりました。

心配された電波ですがMNP対策でアンテナ建てまくりのおかげで公園パパの行動範囲では全てMovaより良好な電波状況でした。デュアルネットワークにしましたがほとんどSO506iCを使うことなくすんでいます。しかし2GHzの電波を鉄筋の建物の奥までしっかり浸透させるとは財力に物を言わせたとはいえPHSなみのアンテナ本数を立ててマイクロセルが出来上がってしまっているのではと思うくらいの電波状況の良さです。これだけ分厚いネットワークを作ればPC定額もできるのではと思ってしまいますが、@Freedの代替手段としてそのうち発表があるのでしょうか?

続いて夢のパケホーダイ、iモードの定額通信を試してみました。これについては8年越しくらいのあこがれでやっと契約できたという感じです。8年のブランクの間に随分iモードのコンテンツも充実してきていました。ウィルコムでアクセスしている時にはさびしい内容しかないコンテンツもiモードでアクセスするとPCで見るのに匹敵するほどの内容が閲覧できて驚きました。具体的にはMSNのメッセンジャーやHotmailはPCと全く遜色ない操作性とスピードでメールチェックできます。iアプリでのHotmailの操作性は素晴らしくWX310kでは見ようとすれば見れる程度のHotmailが実用的な操作性で見れる感じです。またログイン認証がFOMAの場合端末の固有番号で出来る場合が多く、いちいちパスワードの入力をする必要がないことから付属のメーラーのように簡単にHotmailが利用できたりp2を見ることが出来たりします。公園パパの場合Hotmailとオンラインバンキング/トレードがPC接続でモバイル通信する一番の理由だったのでPC接続の頻度はかなり限定的になりそうでコスト面でも貢献しそうです。

つづいてBluetoothでPC接続してみました。moperaライトのWEB圧縮サービスを契約しバイトカウンターで料金をチェックしましたが、通信速度は170-390Kbpsで快適そのもの、Venturiのように圧縮サービスが足かせになることがないので快適そのものです。気になるパケット消費量は10-15分で1万パケット程度、45万パケット程度の無料通話を使い切るには月に8-10時間で週に2-3時間、公園パパにとっては十分なPC接続をできるコストパフォーマンスです。さらにiモード利用が快適なのでPC接続の頻度が減れば荷物も減るし無料通話がもっとあまることも期待できます。

それにしてもまともなBluetoothにはじめて出会ったというか、WX310KのBluetoothは接続の切断に随分時間がかかり、おまけに接続断にすると本体を操作しないと再接続できなかったのですが、P903iのBluetoothは接続断もスムーズですし再接続もPC側の操作だけでOKでWX310KのBluetoothが評判悪い理由がよくわかりました。

一言で言えばFOMAにして大正解でした。寄らば大樹の陰が田舎者にとってはやはり望ましいことだったと痛感しました。

« P903iTV、P903iX JATE通過 | トップページ | ついにFOMAでPC定額 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事