« 山梨市制50年の歩み「愛郷」に感激 | トップページ | メガプラス安定化に成功 »

2014年5月17日 (土)

新生DDIポケット「ウィルコム」のカタログ入手

いよいよ2月2日PHSの最大手DDIポケットはウィルコムに変わりますね。そろそろカタログも出ていないかなあと近くの家電量販店に行ったところ実演ブースあり社員の方も派遣されていてお話も出来てちょっとしたウィルコム祭りな感じでした。 AirH”はAIR EDGEに変わりました。端末の写真もウィルコムとAIR EDGEのロゴがついた端末に変わっています。目新しい情報としては日本無線のAIR EDGE PHONEが128kのパケット通信に対応していることが明記されていました。残念ながらこのカタログを見る限り京セラのAH-K3001Vは128k対応はしていないようです。どこかの掲示板にファームアップでAH-K3001Vが128k対応になると書かれていましたが誤報でしょうか? AIR EDGEのファンの方は是非このカタログを読まれる事をお勧めします。ウィルコムのPHSにかける情熱が随所に見られちょっと感動しました。下記のように小学生や看護婦さんの写真が掲載されいままで携帯電話が浸透していなかった小さい子供や病院の中でも安心して使える旨がアピールされています。今まで熱烈なPHSファンがご自分のサイトでDDIポケットをアピールする際に書かれていたような内容が十分過ぎるくらいカタログに掲載されています。KDDIの傘下を離れるとこんなに宣伝が生き生きするのかと正直驚きました。auの売り上げに貢献するために宣伝を自粛していたというような話が流れていましたが本当のようですね。これからはのびのびとウィルコムにはがんばって欲しいものです。 関東甲信越のマップもウィルコムのロゴがついたものが配布されていました。 デモでは256kの端末がデモされていましたが残念ながら山梨では256k未対応なのか128kのデモしかされておらずVenturiもバージョン2.3でした。新圧縮サービス「メガプラス」について現在のトルネードとあまり変わらないという噂があると質問をしてみたところ、「メガプラスでは高圧縮でも画像がきれいです」という返事が返ってきました。2/2を楽しみに待つ事にしました。下の写真は帰りがけいただいたものです。ドコモとauの販促グッズはあふれていますが、AIR EDGEのグッズはレアものなのでうれしそうに受け取ったらいくつも渡してくれました。明日も他の家電量販店を訪ねてみようと思います。

« 山梨市制50年の歩み「愛郷」に感激 | トップページ | メガプラス安定化に成功 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事