« Vaio TypeT 新調 | トップページ | 秋休みのディズニー旅行 »

2014年5月17日 (土)

OMAのPC定額接続ソフトとBluetooth

10/22は待ちに待ったFOMA、PC定額の開始の日。公園パパは山梨市代表としていきなり契約を特攻したのですが思わぬ伏兵が待っていました。

Bluetoothについては従量制のデータ通信のところにも記載がなかったので、定額データ通信のところにBluetooth対応の記載がなかったのですが、「書き忘れたのだろう」くらいに思っていました。ところが私のようなP903iXとVAIOの組み合わせでBluetoothを使う場合、接続ソフトがBluetoothを認識しない問題が発生したようです。

某有名掲示板ではこの問題について報告があがっていましたが、対処法が出たのは翌日になってからでした。原因はVAIOは東芝製のBluetooth管理ソフト(これをスタックというらしい)がインストールされているのですが、この東芝製スタックとFOMA定額接続ソフトの相性がどうも悪いようでした。この問題を解決するためには東芝製スタックをアンインストールしてXPのSP2に最初から装備されているBluetoothスタック(これをMSスタックと呼んでいるようです)に変更する必要があります。このやり方某掲示板に書き込んでくれた方がいて大変助かりました。他に困っている方も多いと思いますのでここにやり方を掲載します。

VGN-TX92Sの場合。

1.デバイスマネージャでUSBの中にあるBluetoothのデバイスを探す。
プロパティの詳細タブのデバイスインスタンスIDの「pid_」の後の4桁の文字列をメモ
前モデルのTypeTやTypeUは「300c」という場合が多いようです。

2.アプリケーションの追加と削除で、ToshibaのBluetooth Stackをアンインストールする。

3.フォルダーオプションを変更して隠しファイルを見えるようにしてから、
c:\windows\inf\bth.inf を探してノートパッドで開く。

4.下記の記述を探す(多少違いがあるかもしれない)
[ALPS.NT.5.1]
ALPS Integrated Bluetooth Device= BthUsb, USB\Vid_044e&Pid_3005
Alps Bluetooth USB Adapter= BthUsb, USB\Vid_044e&Pid_3006

上記のpid_3006を1でデバイスインスタンスIDで見つけたPID(私の場合pid_300c)に書き換える

4.再起動でまずBluetoothのハード名(Alps云々)が表示されるので「自動的にインストール」
を選択。その後も「自動的にインストール」を選択し続けるとMSスタックがインストールされる。

5.Bluetoothの設定アイコンはタスクトレイだけでなくコントロールパネルの中にもある。
東芝に比べて無愛想な画面だがP903iXのBluetoothをダイアルアップ待ち受けにしてから
追加ボタンを押してP903iXが表示されるのを待つ。続いて自分で決めた暗証番号をPC
に入力するとP903iXの画面で暗証番号を聞いてくるのでPCと同じ暗証番号を入れる。
(これをペアリングと呼ぶ)

6.プラグアンドプレイの認識の進行状況がタスクトレイに出るので待っていると
Bluetooth標準モデムとしてP903iXが認識される。

7.FOMA定額接続ソフトの設定ウィザードを起動して「Bluetooth標準モデム」とP903iXの
電話番号が表示されれば設定は完璧です。あとは自動設定でいとも簡単に接続できる
ようになります。

以上解決までに丸一日かかりました。やっとまともに使える状況になったのを待っていたごとく山梨市が木曜から金曜にかけてFOMAハイスピードエリアになりました!!

定額となるとつい動画などを見てしまうのでパケット数がうなぎのぼりです。サイトによっては出来ないといわれたストリーミング動画を見ることが出来るようです。一方で出来るといわれたYahoo動画は見ることが出来ません。サイトによってFlashの動画は規制が違うようです。ダウンロードはウイルス対策ソフト、Windowsアップデート、ちょっとしたドライバー類のダウンロードなど家のADSLでやるのと同様の速さでサクサクできます。今のところ私の使用している範囲では制限で不自由することはほとんどありませんでした。某掲示板でも「あれも出来た、これも出来た」という報告が相次いでいます。思ったよりネットワークが混雑せずに規制が緩和されると良いなあと思っています。

ところで圧縮転送による高速化サービスが定額のmoperaにもついているのですが、圧縮度が設定できないのと、圧縮していることがわからないほど画像はきれいです。もしかしたらウィルコムのVenturiのように圧縮の展開を接続ソフトでやっているのかと思ってしまいます。画像がきれいということはパケット代が心配ではあります。2月以降どの程度のコストになるか少し心配ですが、ダウンロードや動画を避ければなんとか4000円におさまるかもしれません。感覚をつかむために12-1月は使いまくるぞ!!

それにしてもFOMAのエリアで定額PCデータ通信は魅力です。
「Freedom Of Mobile multimedia Access」をついに実現しましたね。ドコモさん。
最初は嫌味にしか思わなかったFOMAのネーミングが公園パパは好きになりました!

« Vaio TypeT 新調 | トップページ | 秋休みのディズニー旅行 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事