« mobile2PCのWOL起動など上級者設定および動画視聴の改善方法 | トップページ | ついにハーバーテラスルームに泊まりました »

2014年5月17日 (土)

mobile2pcのWOL(NV3編)

mobile2pcのあまりの快適さにまわりに見せびらかして(^^;いたところ、結果的に布教してしまうことになり知人宅でのルータの設定を頼まれることになりました。知人宅の環境はフレッツADSL12M、ルータはNV3というADSLモデム内蔵型ルータです。NV3はWOLの動作確認の報告がネット上にありませんでしたが突撃してみました。 ルータの設定は静的IPマスカレードのみです。下記のように設定します。 wol.JPG 1番の設定がWOLの設定です。WOLの設定は1番の設定のみで大丈夫です。 参考までに2番目の設定はmobile2pcの手動設定です。UPnPを使用する場合は必要ありません。3番目の設定はPPTPの設定(後述)でmobile2pcとは関係ありません。 NTT純正のADSLモデム内蔵ルータやひかり電話対応ルータの場合以上を設定してから再起動する必要があります。 ここからがWOL設定の肝(キモ)ですがルータ再起動時にグローバルIPが変わってしまう場合があるので、ルータを再起動したら必ずmobile2pcのネットワークの再設定を実施してmobile2pcセンターサーバーにグローバルIPを通知するようにしてください。WOLの設定が出来ない重大な障害のひとつがルータ再起動時にグローバルIPが書き換わってしまいそれがmobile2pcセンターに反映されないことが原因で知人の場合もそうでした。 あとはPCのマイコンピューター->ハードウェア->デバイスマネージャーでLANカードの電源管理タブで「管理ステーションでのみコンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェックを入れ、mobile2pcの上級者設定のWOLにチェックを入れて設定完了です。携帯からMagicPacketを送ってみます。スタンバイが解除されたら「オーッ」と雄たけびをあげてから、BiosのPowerManagementのWakeOnLANのところをEnableにしてPCの電源OFFからの立ち上がりを確認して二度目の雄たけびをあげて終了です。 昔古きよき昭和50年代のアマチュア無線の時代には近隣でアンテナを立てたりしようとしている無線マニアを見かけると見識がなくても手伝いに飛び入りで参加したりしたものです。現在私は古きよきラジオ少年時代の恩師に習ってパソコンネット関係のことで悩む人を見かけるとすぐに行って手伝うことを実行しています。ただすべて足を運ぶことは時間的に無理な場合があるので、最近は知人の希望があればPC(XP以上)をPPTPサーバに設定してRealVNCをインストールしてリモートで管理することもあります。今回NV3では写真の3番目の設定をするだけで簡単にPPTPの着信接続が出来、知人宅のLANにVPNを張ることが出来ました。知人からサポートの電話があったときはグローバルIPを教えてもらいPPTPでリモートログインしてサポートします。PPTPサーバーの設定方法はこちら mobile2pcは自宅のPCを遠隔操作で起動したり、自宅ルータのグローバルIPを表示させたりしてDDNSもどきの使い方が出来ます。月額使用料がないソフトですのでローコストで自宅LANにVPNアクセスできるようになります。NV3は古いモデムですがWOLやPPTPが全く問題なく出来ました。またADSLでのぼりが500kBPSくらいにもかかわらずmobile2pcもRealVNCも快適に動いたことも付記しておきます。まだまだADSLや古いルータも捨てたものではありません。

« mobile2PCのWOL起動など上級者設定および動画視聴の改善方法 | トップページ | ついにハーバーテラスルームに泊まりました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事