« HT01Aを定額プランHIGH-SPEEDで使う | トップページ | RT58iでPR-S300NEからのひかり電話が着信しない »

2014年5月17日 (土)

HT-01AでPPTPを使いリモートデスクトップ

HT-01AはほとんどデフォルトのままでWindowsLiveと同期させて便利に使っています。あちこちのブログを拝見すると日本語変換が使いにくいという記述もあるのですが特に問題ありません。キーボードを使ってHotmailを打てて快適です。

ウイルススキャンもあまり重くならないのでそのまま使っていますがTouchFloはOFFにしています。WindowsMobile標準のTodayの方がWindowsLiveのユーザーには便利な感じですし動きが軽いです。

予定表の同期はWindowsLiveと同期できないのでmyphone.microsoft.comの予定表を使って同期しています。できれば早くWindowsLiveのカレンダーと同期して欲しいものです。

本題ですがHT-01AでPPTPを利用してRT58iを介してリモートデスクトップすることに成功しました。

WindowsMobileのPPTPの接続方法については<a href="http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0709/25/news009.html">itmediaの記事が詳しいので</a>参考にされてください。ここにRT58iのDHCP機能がWindowsMobileからのPPTP接続でハングしてしまう問題が書かれています。

このRT58iのDHCP問題についてYAMAHAから大変親切なメールサポートを受けて解決に至りました。方法は以下の2つです。

1.RT58iのファームウェアがRev9.01.44であることを確認する。最新バージョンではWindowsMobile接続時のDHCP停止問題は今のところ対策方法が不明。自己責任でRev9.01.44を使用するしかない。YAMAHAとしてはRT58iのPPTPについてWindowsMobileについてはサポート対象外と認識しており今後の対応は不可能とのこと。

2.WEB設定画面で以下の2行を入力する

pp select anonymous
ip pp address 192.168.100.1/32

※192.168.100.1はRT58iのLAN側のアドレス。変更している場合はその値を入力。

以上でWindowsMobileからPPTPでRT58iに接続してもDHCPサーバはハングアップしなくなります。

無線LAN経由ではまったく問題なくスムーズにリモートデスクトップおよびRealVNCにPPTP接続できます。接続先でYoutubeなど動画を表示すればしっかりきれいに表示されます。注意すべき点はHT01Aが起動してから1-2分は何も操作をしないでしっかり安定した状態を待ってからPPTP接続することです。またPPTP接続はコントロールパネルの接続のVPN設定のところで該当する接続先を長押しすると接続のメニューが出ますのでそれで接続するのが公園パパのように複数のVPN接続先を持つ変人?には便利です。

<b>(以下の問題ですがRT58iなどのルータに組み込まれたPPTPサーバを使用せずにWindowsの着信接続機能でPPTPサーバを立ち上げたところ全て解消しました。近日詳細を別記事で掲載いたします2010/03/09)</b>

ただし3GのFOMAのHIGH-SPEED経由でPPTP接続をすると、まれに安定してリモートデスクトップできることもありますが不安定で切断されやすいです。比較的FOMAパケット通信がすいている時間にFOMA基地局のすぐそばでやると割とうまくいくことからパケットの遅延またはパケットロスに対してHT01AのPPTPの耐性が弱い感じがします。ちなみにHT01A経由でBluetoothのDUNを使ってネット接続されたPCからはまったく問題なくPPTPが使用できます。PCはよりメモリーの多いCPUの早いものがPPTPは安定することからメモリやCPUが貧弱なHT01Aがなぜ不安定なのか推察できます。

ちなみにPPTPが無線LAN接続では問題ないのに3G接続では不安定な事象はHT01AのみでなくAndroidやiPhoneでも報告されています。スマートフォン全体に報告されているということはスマートフォンの限界と言えるような話かもしれません。この問題をクリアするには3Gのレスポンスを基地局側で無線LANなみに改善する(多分無理)か、PPTPを接続しない形でリモートデスクトップのセキュリティを実現する<a href="http://new.micro-vnc.jp/">μVNC</a>を利用するかです。あとひかりモバイルmyPCというサービスもありますが実はmobile2pcのOEMで魅力的ではあるのですが新しいFOMA機種に対応していないんですね。mobile2pcのWindowsMobile対応の予定はひかりモバイルMyPCとの競合を避けるためかまったく予定はないそうです。ここはmobile2pcのiPhone/Android対応版が出てくるのを期待したいところですが、ますます干されてしまうWindowsMobileは大丈夫なのでしょうか。

mobile2pcでリモートデスクトップを満喫している私にとってmobile2pcサーバがハングしてしまうことが大問題でした。PPTP経由のリモートデスクトップで自宅PCをリセットするためにいつもVaioTを持ち歩いていて大荷物になっていました。今回なんとかHT-01Aから自宅PCにリモートデスクトップ接続で再起動できるようになったことでP01AとHT01Aの2台持ちだけで大抵のトラブルには対処できるようになりました。mobile2pcの動くP01Aとキーボード入力でWindowsLiveを快適に楽しめるHT01Aの2台持ちでノートパソコンはほぼ必要ない夢のモバイルライフが満喫できるようになりました。

« HT01Aを定額プランHIGH-SPEEDで使う | トップページ | RT58iでPR-S300NEからのひかり電話が着信しない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事