« FOMAでのPC接続のパケット数 | トップページ | FOMAのPC接続時パケット使いすぎを知る方法 »

2014年5月17日 (土)

FOMAのPC接続でのパケット数

3月分のFOMA(384k)のPC接続のパケット数をまとめてみました。jigやHotmail、オンライントレードやバンキングがiモードで大変快適にできるので、外出先でノートPCを開いて接続する時間は、私の場合、約3時間半でした。私の場合、週一回外回りがあり待ち時間などにPC接続するのと、週末に下の息子が車の中で寝静まったときにショッピングセンターなどの日陰のある駐車場に移動してPC接続するのの合計時間です。今まで4年間を振り返るとPC接続は大体3-4時間/月といったところでしょうか?見るサイトはポータルやニュースサイト、掲示板などでダウンロードやストリーミングはモバイル時にはしない条件で下記となりました。

mopera WEB圧縮 圧縮度5
総通信時間 3時間29分20秒  パケット数 237561  1分あたり 1135パケット

私の場合プランLL+パケホーダイなので1パケット0.02円とすると5000円/月未満となり無料通話の11000円が余りすぎてしまいます。このため月末に3000円ほどを一気に消化する目的も兼ねてmoperaのWEB圧縮を1として途中10分ほどの320X240サイズの動画のストリーミングも受信して見ました。その結果が下記です。

mopera WEB圧縮 圧縮度1 (10分の動画ストリーミングを含む)
総通信時間 1時間26分17秒  パケット数 168439  1分あたり 1953パケット

圧縮度を5から1に下げると画像は綺麗になりますがパケット代は5割から7割増になります。月末の無料通話消費時に最適(^^;なモードでしょうか?
もうひとつ気付いたのは圧縮度を1にするとレスポンスが速くなりサクサクな感じになります。おそらく圧縮サーバーの負担が少なくクリックから表示までスムーズにいくのでしょう。

2ヶ月使った印象としては私の使い方の場合、iモードのコンテンツの豊富さも助けになってPC接続の頻度が減り、PC接続の従量制コストはタイプLLとパケホーダイで無料通話範囲内に完全におさまることがわかりました。PC接続コストは月に5000円未満ですのでタイプLでもいいかもしれません。以前このブログに書きましたが私の場合ウィルコムからFOMAに家族3回線とも移転することで月々の基本料は若干ですが安くなったわけでウィルコムとは比べ物にならないほど安定して広いサービスエリアやiモードの豊富なコンテンツを考えると、FOMAへの乗り換えは大成功だったと結論ずけられます。

4/19に待ちに待ったP903iXハイスピードが発売になります。WMVストリーミングとダウンロードがパケホーダイフルで定額でできるこの端末を使えば外出先でほとんどのことが無料通話範囲内で出来てしまいます。

来月の集計ではP903iXにBluetooth接続したときの3.6Mパケット通信で通信コストがどれくらい上がるかを解析してみる予定です。お楽しみに!

« FOMAでのPC接続のパケット数 | トップページ | FOMAのPC接続時パケット使いすぎを知る方法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事