« GBA版ムシキング | トップページ | 大嶽山のお祭り »

2014年5月17日 (土)

AH-J3003Sで4Xパケット通信

プライベートでのインターネット接続の90%が公園や車の中からという公園パパにとってAH-K3001Vは必須アイテムですが32kBPSパケット通信はメガプラスをつかって実用的にはまずまずの速度であるものの、32kBPS基地局を4本束ねて行う128kBPSパケット通信(4Xパケット)を一度使ってみたいと思っていました。ちょうどウィルコムが音声定額プラン前のキャッシュバックを実施することもあり10日ほどほぼ無料で128kBPSを試用できるよい機会であるため思い切って懐かしい日本無線味ぽんのストレートタイプAH-J3003Sを買ってしまいました(といっても0円端末だったのでもらったというほうが正しいが・・・)。 今までも知人の128kBPSのカード型端末にはさわったことがあったのですが、山梨では基地局の密度が少ないためか、50-80kBPSしかでないことが多かったので、どの程度4Xの効果があるか期待せずに試してみたのですがなんと キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!! SPEED TESTのメガプラスなしの実測で104-110kBPSは余裕で出るではありませんか!メガプラスを加えればJUNK HUTなどで1M-BPSちかくでました。メガプラスなしでも100kBPS出ていればほぼ問題なくサクサクネットサーフィンできます。これならメガプラスのトラブルも怖くないですね。今までのカード型端末の128kとあまりにサクサク度が違う点について以下の理由を推論してみました。 1.電話型端末はアンテナが大きく向きを変えることも自由にできるので電波の受信状況がよい これが一番可能性大です。私の職場でもカード型では32kさえつらい場所で電話型はサクサクという場所は多いです。 2.山梨県はAIR-EDGE利用者が少なくすいているため安定している 基地局の密度は低いものの4本つかんでしまえば高速かつ安定している。 以上2つが本当か、これからあちこちAH-J3003Sを持ち歩いて試してみます。これが本当なら山梨県の田舎?に住むユーザーはカード型よりAH-J3003Sの方がおすすめという結論になります。 ところで1年ぶりくらいに日本無線のAIR-EDGEフォンにさわったのですが、フルブラウザがないぶんサクサク感がいいですね。私の場合の話ですがフルブラウザが重くてつらいことが多いので結局yahooモバイルやp2など軽い携帯用のページしか見なくなっていました。このため昨日一日AH-J3003Sしか持たずに外出したのですが不便どころかサクサクWEBを見ることができるのでかえって便利になったような気がしました。ここ1年パケット定額の普及で携帯コンテンツがかなり充実してきている感じです。バッテリーのもちもかなりよくデザインも薄型軽量で中年親父にはぴったり?のデザインなので5月になったらAH-J3003Sを4Xパケット契約してAH-K3001Vは音声定額に変更してしまおうかとも思っています。パソコンにAIR-EDGEフォンをつないで使うことの多い方は意外とAH-J3003Sがおすすめだと思います。128k京セラ端末が待ちきれないという方もつなぎにAH-J3003Sを使ってみると結構楽しめるかもしれません。 #といいつつAIR-EDGE使いまくっていたらこのマップで私の生息場所が「やや混雑」になってしまっています。うーん使いすぎかな・・・意外と余裕のないネットワークなのかも・・・音声定額導入後が心配です。

« GBA版ムシキング | トップページ | 大嶽山のお祭り »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事