« P903iX-HighSpeedゲット! | トップページ | HSDPAでのFOMAのPC接続時のパケット数 »

2014年5月17日 (土)

五月になって2つのさよなら

<b>さよならウィルコム</b>

5/1付けで我が家のウィルコムの回線は全て解約になりました。味ぽん以来3年以上使ってきたウィルコムとのお別れです。データ通信定額と通話定額の2つの世界を存分に体験させてくれました。存分に使いこなしたおかげで自分がどれくらいの量のデータ通信や通話を行うかがわかり、皮肉な結果ですがFOMAへの移行を安心して行うことが出来ました。ウィルコムをやめた理由、それは電波状態です。私の住んでいる地域では結局8本やりの新型基地局は市役所の腋にひとつ立っただけでした。要望を繰り返した公園や公共施設は結局3年間サービスエリアに入りませんでした。電波状態の不安定さが問題なのに発売される端末はW-SIMが中心になり電波状態の悪い地域に住むものは端末の選択肢が大幅に狭まりました。FOMAに全面変更しての家族のコメントです。「写真が綺麗に取れる」「デザインも良い」「山の中でも問題なく通話できる」「やっと携帯で前から見たいコンテンツが見れるようになった」「やっと友達と赤外線でメアド交換できるようになった」

<b>さようならJARL</b>

アマチュア無線をやめてはや7年たちましたが、QSLカードも最近は転送されてこなくなったのでJARLを五月で退会しました。小学生のときから30年以上会員だったのですが、残念な気持ちには全くならず、むしろなにかすっきりしたような気がしています。今後もアマチュア無線に戻る気は全くありません。アマチュア無線をやめた後の気持ちです。「金銭的に余裕が出来た」「好みのデザインの車に乗れるようになった」「交友関係が大幅に変化して社交的になった」「もっと街中に住んでいれば良かった」そしてなによりも「家族とふれあう時間が大幅に増えた」

« P903iX-HighSpeedゲット! | トップページ | HSDPAでのFOMAのPC接続時のパケット数 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事